PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

06/02/10 東谷山

4連休の初日。当初は、関やARAIでゲレンデパウダーをと思っていたが天気予報では初日は晴天とのこと。
急遽、以前から目をつけていた東谷山へ行くことにしました。

【コース】
国道17号(8:45)→1450m付近(11:45-12:15)→東谷山(13:00-13:15)→国道17号(14:15)
【天気】
晴れ
【装備】
ani"∞":ROSSIGNOL・T4 168cm Rottefella・COBRA R8 GARMONT・SYNER-G G-FIT
GORIX:ROSSIGNOL・BANDIT-B4 158cm DIAMIR FREERIDE GARMONT・MEGA-RIDE G-FIT




二居のスキー場跡から入って東谷山から日白山へ縦走するのが一般的なルートだが、
それでは滑りが今ひとつなので国道17号から入って滑ることにしました。

一般ルートでないこと、昨日までの降雪、そして平日とラッセルが確実な条件が揃った。
060210_01.jpg
まずは、脛から膝程度のラッセルからで、雪が重め、かなり辛い。
放射冷却で冷え込んだ朝だったが、10分も歩くと汗だくになる。

1時間ほど登って、尾根上出る。こちらは、風で少し締まっていて脛ラッセル。雪は変わらず重め。
060210_02.jpg
まったくペースが上がらず、1時間で標高差250mしか進まない。
お昼には山頂に着くと思っていたが甘かった。。。稜線一歩手前で腹が減ってしまい昼飯休憩。

昼飯を食べて、歩き出すとすぐに稜線に出た。平標山が見える。
060210_03.jpg

天気が良くて風もない。山頂までは、もう一登り。
060210_04.jpg

4時間15分かかって山頂に到着谷川連邦が見渡せます。
060210_041.jpg
がんばって登った甲斐がありました。360°の大パノラマです。

日本海が良く見えます。
060210_05.jpg

振り向けば、苗場山方面。
060210_06.jpg

既に昼飯は食べてしまったので軽く休んで滑り出します。
晴れて気温が上がったので雪が腐っていないか心配したが、林の中は予想外にパフパフ。
060210_07.jpg

適度な間隔のツリーで滑りやすい。
060210_08.jpg

動画:ani"∞"
動画:GORIX

標高差600mの滑りを終えると雪原に出る。こちらは、日射の影響で腐れ雪。
060210_09.jpg
あとは、杉林を抜けて登りのトレースに合流してツアー終了。

東谷山を振り返る。
060210_10.jpg

天気に恵まれて、景色、滑りともに大満足の一日でした。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2006 山登滑 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/132-b2132b08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT