PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

06/02/25 鍋倉山

この一週間、降雪なしの気温高めだが、天気予報はピーカン。行かない理由はない。
でも、パウダーは期待できないので、ザクザク春雪を楽しめそうな標高の低い鍋倉山へ行ってみました。

【コース】
温井(8:40)→鍋倉山(11:30)→950m付近(12:15-12:40)→1141m(13:30)→温井(14:15)
【天気】
晴れ
【装備】
ani"∞":ROSSIGNOL・T4 168cm Rottefella・COBRA R8 GARMONT・SYNER-G G-FIT
GORIX:ROSSIGNOL・BANDIT-B4 158cm DIAMIR FREERIDE GARMONT・MEGA-RIDE G-FIT




温井の除雪最終地点より出発。いい天気です。
060225_01.jpg

田茂木池の小屋(人が住んでる?)から尾根に取り付きます。
060225_02.jpg
結構な急登でジグザグ登ります。

ぶなの原生林で有名な鍋倉山。
大きなぶなの木、これが森太郎?多分、違います。
060225_03.jpg
ただ、登る途中で見た中では一番大きいものでした。

急登が終わるとなだらかな尾根歩き。少し風があって雪は固め。
060225_04.jpg
思ったより、気温は上がらず固めのバーンが山頂まで続きました。

ぶなの林を抜けるとまもなく山頂。後ろには越後の山々。
060225_05.jpg

雪が緩むのを待ちながらゆっくり登ったので、3時間で山頂に到着。
060225_06.jpg
日本海が見えます。

妙高山、火打山方面。
060225_07.jpg

越後の山々。
060225_08.jpg
山頂は、風がやや強くハードバーンだ。当初は、登ってきたルートを滑るだったが、楽しめそうにない。
黒倉山から伸びる稜線下には、雪が緩んで快適そうな斜面が広がっていたので、予定を変更してそちらに向かう。

滑り出しのポイントから、鍋倉山。
060225_10.jpg

雪が緩んで快適な斜面を一気に下り広い雪原に出て、昼食。
060225_09.jpg
時間が早いので、ここから1141mピークへ登り返し。

第2ラウンドはここから、ドロップ。
060225_11.jpg

上部は、快適な春ザラメ。
060225_12.jpg

中間の急斜面は、雪が重たく足を取られる。
060225_13.jpg

何とか転ばず、リカバリ。
060225_14.jpg

動画:ani"∞"
動画:GORIX

滑った斜面を振り返ると、上にはたくさんの人が居る。雪上車が居たので、何かのツアーかな?
時間的には、もう一滑り出来たけど重雪で腿がパンパンになったのでおしまい。

下山途中に田茂木池を見下ろす。
060225_17.jpg

林道に出てまもなくツアーも終了。
060225_16.jpg

好天に恵まれて春のような陽気で、雪はすっかりザクザクでした。パウダーはもう終わりですかねぇ?
でも、ザクザク雪は、狙い通りで大満足。それに山頂の360°パノラマはお見事でした。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2006 山登滑 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/142-6449e647

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT