PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005/4/3 前武尊(荒砥沢)

当初、芝倉沢を計画していたが、お天気下り坂の予報でサクっと行ける前武尊~荒砥沢に変更。
群馬の友達のN君とその彼女SUさんの計4人で行ってきました。

【コース】
オグナホタカスキー場上(9:30)→前武尊(10:00-11:15)→林道出合(12:30)→オグナホタカスキー場手前(13:30-14:00)→オグナホタカスキー場下(14:15)
【天気】
晴れのち曇り



オグナホタカスキー場は、営業最終日とのことで駐車場とリフト券は無料。
x-teleのjsさんを発見。前山でx-tele隊の方にお世話になったので、そのご挨拶した。オグナスキー場の最終日とあって大人数でいらしてました。
リフト3本を乗り継いでゲレンデトップへ。20人近い人が準備していました。今年は、遭難騒ぎが相次いだ前武尊だが、アクセスの良さから人気は健在か?
今日は、歩きも1時間以内なので板を担いで登ることにしました。担ぐならってことでGORIXは『B3が山で使えるかを検証する』と言ってB3で出動しました。頼もしいですなぁ~。おいらは、根性ナシだから。。。
Kif_3544.jpg

つぼ足のトレースもばっちりで、歩き出して30分程で前武尊到着。やっぱり近いです。
とりあえず、剣ヶ峰を拝む。滑り台みたいです。
Kif_3545.jpg

N君が『剣ヶ峰を滑る』と言うので、残りの3人はしばし休憩。
誘われたけど、おいらの技術では無理なので今回は見学。いつかは。。。(多分やらない)
家ノ串方面へトラバースする人々をやり過ごし、N君が登頂を開始する。N君以外にテレ親子が登っている。上部は、かなり急そうだ。15分程で登頂。
Kif_3546.jpg

一休みしていよいよ滑降開始。雪はかなり、腐っている様子。なんとも言えない雄叫びを上げて降りてくる。4ターンくらいで終了。N君曰く、『全然、大したことない。急なのは上のとこだけ。』とのこと。

剣ヶ峰滑降写真はこちらへ!

前武尊から見ると広そうに見えるが、真下から見ると思ったより狭い、斜度も上は急な感じ。やっぱり、おいらには無理ですね。GORIXは『行けそう!』と言ってました。ますます頼もしいですな。まあ、スキーの技術ではGORIXのが断然上なんで当然か。。。
Kif_3571.jpg

11:15に滑降開始。雪は、ベタベタしていてブレーキがかかる雪質。SUさんはちょっと辛そう。
上部は、斜度は緩めで木も疎らなので快適なツリーランが楽しめます。パウダーなら楽しそう。
Kif_3580.jpg
GORIX
Kif_3592.jpg
suさん
Kif_3606.jpg
N君
Kif_3633.jpg
ani"∞"
1700m付近で剣ヶ峰の北側からの沢と合流します。
Kif_3661.jpg
GORIX
ここから先は、幅の狭い沢を下ります。正直、気分のいいところではないですね。
狭い沢を抜けると(1500m付近)、沢の幅が広がり斜度もなくなりやがて林道に到着。
クロカン気分を味わいながら、スキー場へ向かいます。雪がベタベタだったのでシールなしで歩けました。
Kif_3673.jpg

が、林道は長く、1時間くらい歩きました。
Kif_3675.jpg

スキー場手前でお昼休憩をして、ゲレンデを下って終了。

今回は、林道まで降りきってみましたが、1750m位まで滑って登り返すほうが楽ですね。滑りが楽しいのもこの辺りまでだしね。
こちらも平標山同様、雪はたっぷりでまだまだ、滑れるのだが4/3でスキー場の営業終了。残念。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2005 山登滑 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/15-038225ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT