PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2005/1/29 白馬乗鞍岳

過去3回訪れているが、雪が良かったことがないため厳冬期に行ってきました。

【コース】
栂池高原スキー場上(8:50)→成城大学小屋(9:45-10:00)→天狗原(11:30-11:45)→白馬乗鞍岳の北東500m(12:45-13:00)→栂池山荘(13:45-14:15)→栂池高原スキー場下(15:10)
【天気】
晴れ後強風



ゴンドラに乗り、スキー場のトップへ。どこかのツアーか十数名の団体さんがビーコンチェックをしていた。ささっと行きましょう。ゲレンデを通り、林道に取り付く。
img20050201.jpg

今日は良い天気だ、白馬三山・不帰・唐松岳が良く見える。おまけに気温も高い。去年の2月に来た時もこんな天気だったなぁ~。雪が腐らないか心配。後にこの心配が思わぬ形でやってくることとは。。。
img20050201_1.jpg

およそ、1時間で成城大学小屋に到着。一休みして、天狗原に向かう。道中、シールの団子に悩まされる。下駄を履いているようだ。。。ワックスを塗るが効果なし。

天狗原に到着すると、風が出始める。気温も下がっている。この時点で山頂は相当の風が吹いているようだ。山頂をあきらめ、山頂から北東500m付近の岩場を目指すことにする。
img20050201_2.jpg

天狗原を出発。風は強くなる一方、弱まる気配は無い。1時間で目的地に着き、岩陰に隠れシールをはがす。
天狗原に向け滑り出すが、風の影響でクラストしている。まったく、滑りにならない。。。天狗原に降りたところで、山頂方向から降りてきたボーダーと一言交わす。どこを滑っても同じようなコンディションだったようだ。またしても、良い雪を滑らせてはもらえなかった。

続けて、天狗原から成城大学小屋に滑り込む。こちらも、気温上昇と風の影響でクラストしていた。なんとか、成城大学小屋まで降りて栂池山荘へ。天狗原のほうを振り返ると情けないトレースが。。。
img20050201_3.jpg

ここでお昼ご飯にする。30分ほど休んでスキー場に向けて降りる。ここも、クラスト。。。今日は、クラスト三昧。まったく滑った気がしない。スキー場付近にて、白馬乗鞍を振り返る。
img20050201_4.jpg

次こそは、パフパフを!とお願いしてスキー場へ。惰性でゲレンデを滑り、駐車場着で終了。

同日に鵯峰北面を滑られた方がいるが、こちらは良い雪だった様子。うらやましい。。。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2005 山登滑 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/3-51c85e9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |