PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005/5/27~29 立山 1日目:扇沢~室堂~雷鳥沢BC~雷鳥沢(2600m付近)

今シーズン、最後の山スキーに立山に2泊3日(テント泊)で行って来ました。

【コース】
扇沢(7:30)→室堂(9:30)→雷鳥沢B.C(10:15-11:45)→雷鳥沢2600m付近(12:45)→雷鳥沢B.C(13:15)
【天気】
霧のち曇りのち雹・雷のち曇り



朝、起きると扇沢は雨が降り始めていた。予報では、夕方までは持つはずだったのだが。天候の回復を祈りつつ、始発のトローリバスに乗り、室堂を目指す。
Kif_5038.jpg

途中、山スキーMLでお馴染(?)のYさんにお会いしました。(実は、5/14に猿倉で車が隣でした。)うちらと同じく今シーズン最後のスキーで小屋一泊だそうです。乗り継いで9時半に室堂着。外に出ると霧で視界は、100~200m位。諦め半分で重荷を背負い、雷鳥沢のテン場に向かう。歩くうちに徐々に視界が良くなってきた。テン場に着くと曇り空ではあるが、視界は良くなった。テントの設営を終えるとまずまずの天気で晴れ間も出る。
Kif_5045.jpg

当初の予定は、雄山に登って、山崎カールであったが、雄山は雲の中。
Kif_5043.jpg

携帯で天気予報をチェックするとこのあとは、通り雨が降るとのことでササっと行けそうな雷鳥沢に向かうことにする。
Kif_5044.jpg

歩き始めると、時々雄山が顔を出し後ろ髪を引かれる思い。が、1時間すると雨、霰が降ぱらつき始めた。稜線まではもう一息だが、この先は急登だし、明日も明後日もあると言うことで今日はここまで。
Kif_5046.jpg

雷鳥沢は、かなりのシュプールがあったので右側の斜面を滑る。が、雪は水分を含んだ重たくて一苦労。
テントに戻ってしばらくすると雹に雷とえらい荒れ模様。幸先の悪いスタートでした。

2日目へ続く

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2005 山登滑 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/33-5966a2c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。