PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005/1/30 乗鞍岳(位ヶ原まで)

小雪&強風と天気が悪いのを承知で、厳冬期に山頂を踏むための偵察に行ってきました。

【コース】
乗鞍高原温泉スキー場上(9:40)→位ヶ原下2300m付近(10:50-1120)→位ヶ原2450m付近(11:50-12:00)→乗鞍高原温泉スキー場下(12:35)
【天気】
小雪(位ヶ原より上は強風)



リフト3本を乗り継いでスキー場のトップへ。既に歩き始めている人3人、準備している人6人とさすがにメジャーコース。悪天候でもこれだけいると安心だ。
ゲレンデでも15cm程度の新雪だった。昨日は、クラスト三昧だったので何とかリベンジをと期待を胸に歩き出す。
img20050202.jpg

ゲレンデから、すぐの急登。ブッシュがややうるさいが歩くには問題ない。雪が少ないと聞いていたが、昨年の春(4月中旬)よりも少なそうだ。この急登で、スノーボーダーが、最後のトラバースで難儀している。うちらは、スキーのトレースを頂き、難なくクリア。

しばらく緩い斜面を行く。先行のトレースもあり楽チンだ。風は時々強く吹いているが問題ない。

1時間ほど歩き、位ヶ原の下2300m付近で休憩。すると、ひとりのテレマーカーが奇声を上げて降りてくる。コンディションは良さそう。しばらくするともう一人降りてきたので様子を聞いてみた。予想通り、位ヶ原から上は強風と視界不良とのこと。この時点で、位ヶ原までを最終目的地としのんびり休む。

後続者も来たし、そろそろ行きますか。位ヶ原に向け出発。先行者のトレースは風で消え始めている。30分ほどで2450m付近に到着。風もあるが、視界が悪い。この先は行っても良いことはないだろう。シールをはずし、さっさと降りることにする。

12時滑降開始。締まった新雪20cm程度だったが、昨日に比べれば100倍良い。やっぱ、雪が良いと楽しいねぇ~。グングン滑って、あっという間にスキー場に。あとは、ゲレンデを下って本日も終了。

その後、温泉につかり、松本のブンリンICIに寄って白馬へ戻った。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2005 山登滑 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/4-43a3585b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT