PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005/2/13 妙高前山(滝沢尾根)

本当は神奈山を予定していましたが、関温泉スキー場で前2日間で1m以上の積雪があったのと、当日の天気予報が下り坂(大荒れになる)だったので、予定を変更してサクっと行ける前山に行ってきました。

【コース】
赤倉温泉スキー場上(8:30)→前山山頂(10:15-11:00)→赤倉温泉スキー場途中(12:00)→赤倉温泉スキー場下(12:30)
【天気】
晴れ



ゴンドラ、リフトを乗り継ぎスキー場トップへ。ゴンドラからは、前山が良く見える。前日のトレースも良く見えた。ホントに良い天気だ。
img20050215.jpg

スキー場のリフト降り場で登山の届けを出し準備を始める。すると、群馬・栃木連合と名乗るテレマーク6人組のおじ様方(メットにx-teleのシールが貼ってありました。)が来た。同じく前山だそうだ。

スキー場トップより歩き出すが、前日のものと思われるトレースがあるのでラッセルはなし。斜度がそこそこあるのでジグザグ登る。今日は、シールの効きがいま一つで時々スリップしてしまう。しばらくすると開けた斜面に出る。ここはさらに斜度がある。ズルズルしながら何とか登り陵線にでる。神奈山、妙高山が近い!
img20050215_1.jpg
↑ 神奈山
img20050215_2.jpg
↑ 妙高山

稜線上は、時々強い風が吹くがこの時期にしては体したことはない。あっという間に山頂だ。1時間半ちょっとで到着。シールが効けば1時間で行けたかな?天気が良くて、富士山・浅間・苗場・日本海も見える。来て良かった。
img20050215_3.jpg
↑ 野尻湖

山頂で一休み。この時期、寒さに震えることなく山頂に入れるとはなんと運の良いことか。後から登ってきたスキーヤー3人組とそんな会話をした。この人達の滑りは凄かった。とにかく、早い!後で聞いたら、山スキーは2年目とのことだった。それまでは、苗場をベースに滑っていたそうだ。また、テレマーク6人組のおじ様方には、ルートを教えていただきました。始めてきたので心強かった。ありがとうございました。
11時に滑降開始。テレマーク6人組のおじ様方の熱い視線が注がれていたので緊張しました。最初は細い尾根を下る。固そうに見えたがそれほどでもない。しばらくすると尾根は広くなり、オープンな斜面になる。ここは雪がいい!またしてもノーズ浮いちゃいます!スプレー上げちゃいます!
img20050216.jpg
by GORIX
img20050216_1.jpg
by ani"∞"

快適な斜面はあっという間に終わり、樹林帯に突入。ここはゲレンデか?と思うくらいにトレースがある。少しはずしながら滑る。樹林帯と言っても適度な間隔で木があるので滑りにはさほど影響なく、快適なツリーランを満喫。
img20050216_2.jpg
by GORIX
img20050216_3.jpg
by ani"∞"
img20050216_4.jpg
by ani"∞"

だんだん雪は重くなってくる。天気が良いから仕方ない。途中、沢を渡って少し登り返すとスキー場に到着。
あとは、ゲレンデを下って終了。少しルートが分かりにくいけど登りちょっとで標高差1000mはお手軽でいいですね。

他の山行を見る
関連記事

| 山登滑の記録 | 2005 山登滑 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/6-336d116c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT