PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/11/24 恵那(笠置山)

とりあえず、小川山にやってきましたが、雪が降ったご様子。
121124_01.jpg




GORIXのお目当て、三日月ハングもコンディション悪い。
121124_02.jpg

しばし、作戦会議。
個人的には恵那。GORIXは、三日月ハングしか眼中なし。と言う対立の構図。
天気予報は、これから晴れなので待っていれば登れるだろうとは思いつつもせっかくの連休。
しかも帰りの渋滞も考慮して月曜休暇と万全の体制だったので、いつも行けない所に行きたい。
自分的には、最初から恵那熱望だったし、この時点で恵那は晴れの情報あり。小川山で待っていてホントに登れるかどうか保障なし。
結局、GORIXが折れる形となって、恵那行きが決定。

約3時間半かかって岩場に到着。もうちょっと近いかと思ったけど。。。
それでも、待望の恵那なんで運転もヘッチャラでした。

まずは、看板課題のあるエルへ。
121124_03.jpg

運良く、入れ替わりで貸切。
オブザベするもいつもの如くよくわからないので触ってみる。
スタートが微妙な感じがしたが、気のせいでらくらく離陸し、ハングを抜けるところまでするすると。で手詰まり。
あれこれするも解決の糸口見えずと思っていたら、4人組の男子登場してセッション。
ムーブも見れるし、マットも充実するしで願ったり。

そして、一人が、さらりと一撃。ハング脱出の方法がなんとなくわかって、部分練習。
若干アレンジを加えて、これかなと言うムーブがわかったところでスタートからトライ。

出来ました!ホールド自体はいいのでムーブがわかるとやさしい課題に思えた。

GORIXは、若干リーチが足りずハング脱出に苦労するが足位置を変えて解決。


翌日のエルは、かなりの賑わいだったので、人が少ないところでトライが出来て運がよかったかも。
他にも課題はあったが、別の岩も見たり触ったりしたいので移動。

恵那は、被っているのが多いのが特徴なんでやさしめな課題のあるルーフルールの岩へ。
121124_04.jpg

手始めに左のトーマ5級。
121124_07.jpg
まったく、歯が立たず。。。
同タイミングで一緒になった人がパワー全開で何とか登れて、これで5級?と首をかしげていた。

長居は、無用ですぐ隣(上)のペネロペ岩へ。

先客がいたので邪魔にならないようにまずはぺネロープ4Q
121124_05.jpg
最初のマントル返すところが核心?良くわからなかったけど登れたのでまあいいか。

となりのペネロペ4Qは、先にやってた人の真似してみたが難しい。
121124_06.jpg
若干、リーチ、フィジカル系な感じを受けた。
暗くなったので数トライで終了。

そんなこんなで恵那初日は終了。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2012 岩登 | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/615-e0e742de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT