PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012/11/25 恵那(笠置山)

恵那2日目。
朝は、いつもなら、コンビニで買ったものを食べるですけど、カフェで朝食。
121125_01.jpg
コーヒーを頼むとトーストが付いてくるというシステム(サラダは別料金)。
名古屋の文化ですかね?



しかし、朝は市街地でもすごい寒くて、ビックリした。岩場に向かう道中の8時くらいで-2℃と川上村(小川山)と変わらんでした。

今日は、まず電波塔エリアをまわることにして、アップにやさしい課題のそろったカタール岩へ。
121125_02.jpg

高いとは言え、7、8級ならなんとかと思い手始めに右の砂漠のらくだ8級に触ってみる。
ラインも良くわからなかったし、上部で良さげなホールドが見つからず、敗退。
気を取り直して、真ん中のカタール7級へ。こちらのほうがホールドもいいしラインも明確だったのですが、、、
上部のハイステップに恐れをなして敗退。いや、惨敗です。。。

しかし、GORIXはカタール7級を完登。お見事!


保科課題の岩へ移動。
トポを見てなんとなく登りたいなと思っていたところ。

SDでやってる形跡はあったけど、トポには記載なかったので立ちスタート。
例によって、とにかく触ってみると、スタートの右手送り(または左手クロス?)が足切れてうまくいかない。
うまく行った体で上部のムーブを探ると何回かで上部は解決したので、スタート練習。
これも何回かしたら、足が決まりってそのまま完登。

ちなみに初登は動画撮影していなかったので、再登時のもの。
のぼりが雑で足はグダグダになってます。。。初登はちゃんと登れてたのに。。。

その後、近くのアナゴ岩に行ってみようとをうろうろしてみたが道に迷う。
結局わからず、駐車場まで戻って昼飯。

駐車場まで戻ったので、すぐ近くの時計塔岩へ。

トポで激おすすめの時計4級にトライ。
2手目の右手アンダー取りと取った後の足上げて左ガバ取りに苦労した。そこを解決したら、数便で完登。

マントルはどこ持っていいのかわかんなくて少しあせった。
そして、ここは風が抜けて寒かった。

最後にDHA岩。
前日、ルーフルールを探していたときにペネロペ岩でお話した方が面白いスタートだと言っていたので確認しに来た。
先客の人がちょうど撤収するところで『スタートできませんでした。』とのこと。

DNA4級を触ってみる。と言うか、DHA3級はラインがよくわからない。
なんとなく、話は聞いていたのでスタートの手は判明。初手は迷ったが、左上のリップ(カンテ)へ。
あっさりと行けてしまった。ちょっとしたコツですね。
その後はなんとなくで被ったところを抜け出せず。前半足がいいのに被ったところを抜けようとすると足がない
でも、手がいいんで足ブラでがんばっちゃったら、腕がパンプした。。。

左に回りこむんじゃないかと思ったころにはヨレヨレで敗退。

スタートも簡単だと思って油断するとこうなる。


日も暮れてきたのでこれにて終了。
急遽の初恵那となったが、1.5日で効率的に岩場もまわれたし、成果も出せたしで大いに満足。
ちょっと、遠いので次はいつになるかわからないけどまた来たいなと思います。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2012 岩登 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/616-825ff2ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT