PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/4/12 瓢

2週空けての外岩は、M野さんと瓢へ。



狙いは、もう射程圏内の(はず)KIWA1Q。
140412_01.jpg

アップがてら下部のムーブ確認を済ませて上部のムーブを探る。
ダブルヒールだと、この一手で右ヒールが外れて精度が悪いし、次の一手も厳しい。さらにはヒールの解除がつらい。
140412_02.jpg

そこで右はヒールをやめて、トォを掛ける(ねじ込む)ムーブに変更。
140412_03.jpg
これが、自分には合っていたようでムーブの精度が格段に上がった。

自分が試行錯誤している間にM野さんがKIWAを完登!

下部のパートで苦労していたが、そこがクリアできるとアッサリと登ってしまった。地力の違いだね。

自分も完登まであと一歩まで行ったが、左手が押し切れず左足があがらなかった。
140412_04.jpg
右手のいい位置を取るのに手間取ったのと、右足の置き位置が原因。

その後、ヨレて高度が下がってきたのでこの日は諦めた。
ムーブは固まったから後は登るだけのところまで行けたので進展と言えば進展。
ただ、決定力不足は、これからの課題かな。

気分を変えて行ったことのない岩へ移動。
ミニハイカラ岩から比較的近い、ダンカ岩へ行くもかなりのハイボルで意気消沈。
140412_05.jpg

そこから、少し下ったアニーロック。
140412_06.jpg
程よい高さで6、4、2級だったのでトライ。
2級のアニーは、離陸から厳しく惨敗で結果は、自分は6級完登、M野さんが6、4級完登。

最後は、M野さんの宿題がある三角岩へ。
140412_07.jpg
狙いは、あかんて3級。

ムーブを思い出すところからだったが、意外とすんなりとムーブ組み立てて無事、宿題を回収。


自分もムーブがバラせたのできっちりレストしてトライで無事完登。

登るぞって気持ちで臨んだのも良かったみたい。

日暮れまでまだ時間があったので、いかんて3級もトライ。
140412_08.jpg
ほぼ、ムーブは出来たが、流石にヨレて登れず。次回に持ち越し。

結果はともかく、好転に恵まれ、暑すぎることもなくいいコンディションで楽しめたので良しとしましょう。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2014 岩登 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/706-92ec148d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT