PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/11/15 恵那

今週も恵那。久々にソロではなく、M野さんとT田さんとご一緒する。
T田さんは5月以来の恵那来訪。



生憎の曇り空に加えて、今季一番の寒さ。紅葉の見頃も過ぎて冬の到来間近と言った感じ。
141115_01.jpg

そして、あのN村さんも約1年ぶりの恵那来訪。Pチームで来ているので別行動となったが、朝一に駐車場で顔を合わすことが出来た。
後で、シュクランで合流かな?と言って別れた。


まずは、エルの岩でアップ。
141115_02.jpg

T田さん、少し苦しみながらもエル3Qを再登し、M野さんもエルム2Qをゲット。
141115_03.jpg
寒さのおかげでフリクションは良い。

T田さんのリクエストでイルカへ。
141115_04.jpg
一応、イルルカを触ってみるが、前半部分のムーブ強度が高すぎで登れる気はなし。

T田さんは、ムーブを思い出すのに一苦労と言った感じでなんとかトォフックでマッチして、ヒールかけるところまで。
141115_05.jpg

次は、自分のリクエストでシュクランへ。
141115_06.jpg
ついて早々、どんな感触か触ってみたら、上部のクラック部のフリクションが良く今までのムーブで行けそうな感じだった。

M野さんは、下部ムーブが出来ず登れないかも感を漂わせたが、その次のトライで下部をクリアしたらあっさりと登ってしまった。
やはり、フリクションはいいようた。

途中、Pチームが合流。どうやら、画期的ムーブがあると聞きつけてやって来たらしい。
141115_07.jpg
自分が人伝に聞いたムーブがこのシーズンでかなり広まったような気がする。
なんせ、自分が登れてないんで何度も来てるからいろんな人に見せてるし、動画もちらほら見かけるようになったし。

何度かトライしても左手のいいところが持てずに時間だけが過ぎていく。

N村さんがお手本にと登ってくれて、流れを作ってくれた。
時間も3時半になり、何とか登りたいけど、あきらめ半分でのラストトライ。
左手を何度かしゃくったら、今日初めていいところに入った。左足を高く上げて、慎重に右手をマッチし、左足をカチに乗せ換えてクロスで右上部のガバクラックを取って登れたことを確信した。

下部の画期的ムーブを教わり、実践できたときはすぐに登れるだろうって思ったけど、リーチの壁に阻まれて苦労したけど、なんとかシーズン中に決着がつけれたので良かった。

ラストは、これまた自分のリクエストでつくる返しへ。
141115_08.jpg

M野さんは、a面の1Q、T田さんはa面の6Q、自分はモアブ2Qと各々トライする。
M野さんは、ムーブが思い出せないのと肩の軽負傷もあって早々にギブアップ。
T田さんは、怖いと言いながらも6Qを登りきった。

自分は、各部のムーブおさらいから。するとフリクション良くて前回よりかなり楽な印象。
楽勝な感じがしてすぐさまつなげてトライするもスタート後のクロスでヒールが外れて落ちた。

少しレストして、トライしたらサクサク進んで核心もあっさりとクリアしたのにマントル返すところで足滑らせて落ちた。

日没前の明るいうちに登りたかったので少し焦ってしまった。。。


残念ながら、日が暮れてしまい照明を付けて臨んだトライで無事完登。

乗越したあと、ヘッ電してなくて暗かったところに落ち葉が山盛りだったのでモタモタシテしてしまった。


コンディションに恵まれて、宿題を片付けることが出来た。
お付き合いしてくれたM野さん、T田さんに感謝。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2014 岩登 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/747-282bb30c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT