PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015/2/11 豊田

週の真ん中休み。今日は、時々ジムで行きあうM浦さんと豊田へ。



朝一で大給へ。

もう、つなげるだけの鯉のぼり(e)。
150211_01.jpg

近くの岩とムーブの確認を兼ねてアップ。
すると、若いお兄さんが、右手を寄せるときの左手ホールドについてアドバイスをもらう。
自分は、縦のガバカチを使っていたが、それより外の極小ホールドのほうが良いと言う。
にわかに信じがたいが試すと確かにいい。右手の寄せが格段に楽で持ち直しも可能になった。

で、つなげてみたらあっさりと登れてしまった。動画取ってなかったので再登してみら、これまた、あっさりと登れた。

あのアドバイスがなかったら、今日も苦労しただろうし、登れなかった可能性もあることを考えるととても助かった。
ホールディング、ムーブの重要性を再認識。

鯉のぼりが、早期解決してしまったし、M浦さんが鯉のぼり撃っていたので、ポールポジション(d)に手を出してみる。
150211_02.jpg

この課題、2年前に小さなおじさんが激落ちしたのを見て避けていたけど、マットが多かったので下部だけどもと思い取りついてみる。
しかし、予想外にもスルスルっと第一核心のガバ取り体勢まで行けてしまった。
でも、ガバは少し遠く手が出なくて降りた。その後、足位置を探りながら、何トライかするも決定打が出ない。

そしたら、鯉のぼりでアドバイスくれた若いお兄さんが一抜けし、この時点で悪いイメージは消えて登りたい意欲が湧いてきた。
ガバ取りは、スタートホールドの足で一旦ガバ下を押さえてからしゃくりあげる作戦に出て、2トライ目で取れた。

その後は、前に登った若いお兄さん、既に登っている人のアドバイス通り、右のポケットに足を突っ込んで立ち上がり右手押さえて、左手に足でトップアウト。

登れてしまった。うれしい誤算。
登れてしまうとそれほど難しさはなかったけど、あの高さであのムーブを出すのはやっぱり怖い。

お昼少し前に大給を切り上げて、大田へ。

前回、ムーブがバラせた烏帽子(e)へ。
150211_03.jpg
既に4人組の方が撃っていたの混ぜてもらう。

核心部分は、パート練習だけど右手カチがちゃんと持てたら難なくクリアできた。
やはり、もうつなげるだけ。ちゃんとレスト入れてからトライするも下からつなげてくるといいところが持ててない。
150211_04.jpg
4便ほど出したが、最後は指が開いて終了。
何とかして登りたいな。

さて、自分がやりかったのはこれで消化したのでどうしようかとトポを確認。
(d)くらいでおもしろそうなのないかと探してみて宝くじ岩へ。
150211_05.jpg
高いけどホールド明確だしってことでトライしてみる。

手はわかりやすいけど、足が難しいと言うか全て高く上げて次の一手と言う感じ。
何トライかしたら、上部ガバが取れて終わったかと思ったら、抜けが悪い。
少し粘ったけど、落ちたくなかったので一度降りた。滞空時間が長くて改めて高さを実感した。
150211_06.jpg

結局、最後も足を上げて立ち上がることで解決した。

ただ、足置くところに苔があってかなり焦った。
あまり触られていないみたいだけど、ライン、高さ、ムーブが揃っていていい課題だと思う。

M浦さんは既にヨレヨレらしいし、自分もおなかいっぱいな感じだったのでエリア案内兼ねて槍ヶ岳エリアから竹藪エリアへと抜けた。

すると、古竹の戦ぎに烏帽子でご一緒したグループがいたのでM浦さんにお勧めして自分は、竜桜(e+)を冷やかすことに。
150211_07.jpg

離陸が厳しいのは承知していたが、何度かやっているうちにこなれて左右の持て感が良くなり離陸出来た。

最後のほうは、左手を何とか出すところまでいけたけど、どうにかなる感じはない。

戻りながら、大田下部を案内して終了。

M浦さんは、あまり外岩に行かないこともあって、フットホールドの小ささと大きすぎるが故の狭さに苦労されていた様子だけど楽しんでいただけたかな?
150211_08.jpg
関連記事

| 岩登りの記録 | 2015 岩登 | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/771-582cad2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT