PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015/5/7 瑞牆

GWの後半戦は、せっかくなので普段行かない(行けない)瑞牆・小川山をまわって恵那で〆る計画でスタート。



まず、瑞牆へ。
150507_01.jpg

午後に雨予報が出ていたので早めに到着。
連休明けの平日とあって人は少ないが、車が10台位いたから少し驚いた。

前回スタートを間違えたコールドスリープ1Qと中途半端にムーブを作った日々の暮らし1Qに狙いを絞りエリアに入る。

近くの7Qを数回登ってアップを済ませる。

まずは、コールドスリープ1Q。
150507_02.jpg

トポの記載通りなら離陸できることを確認して、ムーブを探る。

一手目取ったら、左にヒールかけて左手をあげる。
次は左手を送る、右手をフレークに出すのどちらも行けるけど、そのあとが問題。
どちらにしても左手で上部のホールドが遠い。
仮に取れたとしてやってみてもマントルが厳しいと判断し、この課題は断念。

次に日々の暮らし1Q
150507_03.jpg

前回、核心の一手を除いてなんとなくムーブが出来ていたのでおさらい。
問題ない感じだったので、核心部分のムーブを探る。

右手をデカポッケで左手をその少し先の窪みからデッドだと精度が低くパートでも5回に1回止まっただけで却下。
ハング面にある美しき日で使うホールドを取って、右手を少し送ってから右を引きつけて行くとまあまあの精度で取れることがわかったのでこのムーブを採用することに。

となるとハング面のホールド取りのムーブ。

とりあえず、足の持ってきやすいところで何とかなりそうで、一応はムーブ完成。
150507_04.jpg

つなげてみるもハング面のホールドを取るところでヒールが抜けて落ちてしまう。
途中撃ちだと、体が下に入った状態でヒールをかけるんだけど、スタートからつなげてくるとヒールをかけてから体を下にいれるためみたい。

なのでこのあたりのパートを再確認。
一手目のところまで持ってくるのは、つらいけどかかりがいいので安定して手が出る。
150507_05.jpg


気付けば、いい時間になっていた。一つの課題に執着しすぎたなと言う感じだったので、ラストトライ。

ようやく、ハング面のホールドを捉えて右手を送るところまで進んだが、手がヌメって落ちた。
150507_06.jpg
これがこの日の最高高度。

翌日は、小川山で約束があったので明後日またトライすることにして、今日はここまで。

残り時間は、やさしめの課題を触ることにする。
日々の暮らしで一緒になった人と少し上のエレスアクベの右側の無題3Qにトライ。
150507_07.jpg

何度目かのトライで完登。動画はなし。
難しさはないけど、結構な高さで怖かった。

続いて、二ノ谷エリアへ。
外岩始めたころに敗退している4Qをトライしてみる。
150507_08.jpg

成長していることを確認するため、簡単なオブザべをして1撃を狙い、ゲット。


少し早いけど引き上げようかなと思ったけど、あかね雲3Qにマットがあったので触らせてもらう。
こちらも1撃を狙ったが、失敗で2便目でゲット。

外岩を始めたころに初めて明確に登る目標とした思い出の課題でムーブをしっかりと覚えていた。
トライしていた人にアドバイスしていたら、急に雹まじりの雨。
150507_09.jpg
急いで撤収するも雨が激しく途中のガリガリトラバースの下で雨宿り。

1時間近く雨宿りして小雨になったところで車に戻ったが、マットもかばんも結構濡れてしまった。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2015 岩登 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/791-f0199f97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。