PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/2/28 笠置(京都)

ホントにシーズン終了目前の笠置へ。



週間天気予報の最高気温を見る限り、ラストチャンスな感じだったので『チャリオッツ』と『さなぎ』の2本に狙いを絞る。

まずは、最近の定番になっているフィネス3QVer、4QVer、のっぺりカンテでアップする。
160228_01.jpg

道中、ガスガスで路面がぬれているところがあったので午前中はコンディション微妙かなと思ったけど、パリッとしていていい感じ。

フレッシュなうちに『さなぎ』をやると言う思いも少しあったけど、すでにカンテ面には日が当たっていたのでスルーして上流へ。

荷物を置いたところで日御子で行きあったKばたくんと再会。
160228_03.jpg
うなぎ狙いとのこと。

自分がチャリオッツ狙いと告げると、後でやるかもって。

スーパーカンテ前のスペースは日が当たり始めていてホカホカ心地いい。
ぼちぼち順次を始める。穴倉の中は日陰で川から冷たい空気がくる関係で肌寒い。
160228_02.jpg
コンディションは、突き刺さるくらいパリパリ。

まずは、下部のムーブをおさらい。ガバカチ取り手前までは、ムーブ固まっているので問題なし。

ガバカチ取りも右ヒールのかきこみでスタティックに取れるようになった。

問題は、核心の遠い一手。右足をあげて取ると言うムーブが安全安心と言うことで探るも右ガバカチと左アンダーでパツパツなので見えてないから足の感触だけが頼り。

何度かやってみるもしっくりこない。それでもたいしてヨレないんで練習を続けるうちに右足が踏める時が出てきた。
そして、右足ががっちりと踏めたときスッと左手がリップガバを止めた。
気持ちがいいくらい楽に取れたのに驚いたし、登れるなって確信したのでレスとしてつなげる。

つなげると少々ヨレるのと右足の踏み位置がしっくりこないので簡単ではなかったけど、3便目で左手がリップを捉えた。
160228_04.jpg

『キタっ!』って思ったら、右足が抜けて落ちてしまった...
160228_05.jpg

その後は、前半ムーブが洗練され自動化されていくなかで核心の一手への微調整を繰り返す。

気付けば、狭い穴倉に5人くらいが入り込んでいた。正直やりにくかったから早く抜け出したいと言う思いが強まる。
160228_06.jpg

何度かおしいトライはあったが、右足の踏みがしっくりこなくてリップガバを止めることができなかったけどトライ開始から3時間、11便目でようやくリップガバを止めて完登。


右クラック限定と言う課題だけど、限定感はなく自然なラインだと思うし、笠置にはないテイストの楽しい課題だった。
グレードについてはあえて触れないでおく。


喜びもそこそこにマットを回収して本命の『さなぎ』へ。
予定外に撃ちこんでしまったが、そこまでヨレてないから問題ない。

マットを準備してみたけど、空気に流れがなくモワっとしていてカンテもほんのりと温かい。
160228_07.jpg
コンディション待ちで下流方面へ知り合いの様子を見に行って時間つぶし。

ぼちぼち、空気が冷えてきたので戻る。

まず、自分の動画を見てムーブをおさらい。そして、足位置の確認。

そして、いざトライ。サクッと今までの最高高度に到達し、必死で登りきった。

実は今までの最高高度から先はノープランで、コブの左手を止めたところからは足がズルズルで無様な登りになってしまったが、無事登れて良かった。

まだ、明るかったので上流方面に行ってKばたくんに別れのあいさつとその他顔見知りの人に挨拶をして撤収。

とりあえず、今季狙っていたものはすべて終わったので京都笠置はひと段落。
来年以降は、ここまで通うかどうかわからないけどうなぎ、親指君なんかを狙えるようになりたいね。


【京都笠置の成果】
チャリオッツ
さなぎ
バグダッドカフェ(1級)
へっつき虫(1級)
アブドゥーラ(1級)
お目覚めマントル(1級)
トンネルホール(1級)
スーパーカンテ(1級?2級?)
トランキライザー(3級)
キケンフェイス(3級)
センチュリー(3級)
フェイク(3級)
フィネス・カンテなしVer(3級)

少しは、楽しめるかなって思いで通い始めたけど十分楽しめました。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/849-f90dca56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT