PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/3/20 瓢

瓢、始めます。



前日の雨量を考えると宮川に軍配が上がるものの、モチベーションがない。
雨があがってから風が強くなったことで乾くだろうと思ったのに加え、関東から単身遠征ではせb君が来ることもあって瓢へ行く決断。

9時に記帳所着。
160320_01.jpg
快晴だけど、この時点では昨日までの雨を懸念してか入山者は少ない。

足慣らしと言ったらなんだけど、昨年の公開イベントでトポをもらって放置していた新下流エリアでいろいろと課題を触ってみることに。
160320_02.jpg
水量は多めのようだけど、前日の日中から強い風が吹いていたこともあってかかなり乾いている様子。

とりあえず、近いところから順に触り始める。
①の岩
160320_03.jpg
さざえ5Qはサクッと登れたけど、アワビ4QSDは離陸できず。

あまり時間をかけずに次へと移動。
②の岩
160320_04.jpg
先にトライしている人がいたので混ぜてもらう。

あんぽんたん6Qはサクッと、たんちん5Qは遠い一手取りに失敗し3便出す。瓢では珍しくしっかりとマントル返す感じがいい。
クロスパンチ5Qはホールドがわからず、目からウロコ3Qはムーブがわからず。
ここも時間かけずに次へと移動

③の岩
160320_05.jpg
ここで、はせb君と合流。

魔界村5Qはスタートが気持ち悪い、魔界の入り口3Qはアッサリと登れた。

non fabric wovenにトライするもスタートホールドのいいとこ持てないし、足上がらない。課題は面白そうだったから、是非登りたいと思いトポで限定されている下の岩を使って登ることにした。

課題の醍醐味を考えればこれでも十分楽しめたので良しとする。

non fabric wovenをサクッと登ったはせb君は、セロリへ行っていたので様子を見に行くと、昨年の公開イベントの日にバックドロップで一緒になったU&Gさんと再会。
2人ともができる気がしないと言うことで3人で上流方面へ移動。

はせb君がトメクルーズやるって言って川を渡って行ったが、自分とU&Gさんは水量の多さに尻込み。
160320_06.jpg

下流の橋を渡ってアプローチを試みるが厳しく戻ったら、『もう、登ったからそっち行きます』と。
そして、さらに上流へと向かい迷想のあたりへ。
ムズムズ3QでU&Gさんとセッション。
160320_07.jpg

課題名通り、ムズムズ。いろいろ考えてしまったけど、足さばきで右手いいところまで持っていけることがわかって完登。

登れてすっきり。

その間にはせb君は迷想登ってるし。
自分とU&Gさんも迷想トライ。
160320_08.jpg

U&Gさんは、得意系らしくて2便でゲットし動画撮影で再登。
自分もムーブ丸パクリでリップに何度か手をかけたが止まらず敗退。
160320_09.jpg

すると後から来た人がトポを見てラインが違うんじゃないかと。
確かに自分が抜けようとしたところよりも左に線が描かれていた。

※迷想のラインについて
この日の夜、魚動で追い込みトレーニングに行ったU&Gさんが確認したところやはりもう少し左で抜けるのが正解とのこと。

the sunへ移動。
自分は見た瞬間ないなと判断してはせb君とU&Gさんのトライを見学。
160320_10.jpg

U&Gさんは、おじさんのやる課題じゃないと敗退。
はせb君は2手目いい感じになってきたかと思ったけど自分の課題じゃないって敗退。
何人かの完登者を見て登りたいなと言う思いも出てきたけど、いろいろと厳しそうだったからまずは身の丈に合った課題からやっていこうと思う。

ここで魚動へトレーニングに向かうU&Gさんとはお別れ。

はせb君がやりたいと言う転勤ズリメガネ、パープルパンチ、鯰に案内。
日没まで少し時間があったので転勤ズリメガネをやってみた。
160320_11.jpg

厳しい。リーチ的な問題は置いておいたとして、ガバ足で立ち上がれない難しさ。
はせb君も核心をこなせずに敗退。

一緒に中華食って、翌日は前半別行動で後半上流で合流できればと言って解散。
160320_12.jpg
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/852-b621b583

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT