PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/3/26 瓢

2週続けて瓢へ。

160326_01.jpg
晴れが続いて、水量はかなり減った。



とりあえず、迷想ねらいで新下流エリアの最上部の⑩の岩
160326_02.jpg
アップで取り付くもこねこ7Qしか登れず。

本命の迷想。
160326_03.jpg
先週も一緒になった富山の方とご一緒させてもらう。

リップに出る体勢に持っていくムーブを探る。
左のカンテみたいなところの取ってからの右手ヨセは、少し左に足を送ったら出来るようになった。

つなげは1便で。

右手のヨセがジャストで3.5本指が入ったのでかなり楽に行けた。

予定よりかなり早く登れたので近くの岩を触ることにして⑯の岩
160326_04.jpg
一手目は明確だけど2手目がどこかわからないし、出すのもかなりの強度。
背中の岩に当たらないようにと感がるとトポのライン通りハング面を行くのは無理そうだった。
見込みなしで諦める。

隣の⑰の岩
160326_05.jpg
へびマントル3Qは、一発で返せた。
Pなトラバースラインはスルーして移動。

先週、水量が多くて尻込みして渡れなかった対岸へ。

⑱の岩
160326_06.jpg
お猿5Qとお猿のトラバース5Qを登る。スタートが気持ち悪い。

そして、シャーロット3Q
160326_07.jpg

またしてもトポをよく見ずにスタンドでやってしまった。
160326_08.jpg
これだと4~5Qくらいか?

トメクルーズのある岩
160326_09.jpg
トライしていた2人組に混ぜてもらう。
とりあえず、加油3Qのラインを教えてもらい登る。登って気持ちのいい課題。

続いて、トメクルーズにトライ。
どうやら直上と左巻きがあるらしい。
どちらも試してみるけど直上は、近いホールドを止めても次が続かない。
左巻きは、遠い一手で厳しい。
いろいろ試すけど無理そうだったので移動することに。

行ってみたいなと思っていた朽木へ。
160326_10.jpg

場所がわからなかったので空荷で探しに行ったが完全に反対方向の道なき道を降りて行ったら小屋が出てきて林道に出た。
ちょっと違うなと言うことで林道をトボトボと歩いていたら、見つけた。
マットを取りに戻ったら、迷想で一緒になった富山の方が行くところだった。
場所を知っていたのでタイミング悪かった...

核心は、3手目のポケット取り。
すでに登っている人のアドバイスをもらいながらパート練習して自分なりの取り方を見つけたのでつなげる。

一発で止めた。
160326_11.jpg

けど、右手が甘くてリップ取りに失敗。
160326_12.jpg

その後、何トライ化するもポケットを止めたのは2回でいづれも持て感が悪くリップ取りまで行けず。
諦めて、移動。

バックドロップ
160326_13.jpg
人いっぱいかと思ったら、となりのトラバースには10人近くの人だったけどこちらはゼロ。

前回のおさらいをするも3手目の左手の持ち替え(ヨセ)が出来なくなってた。
パートで何度も試すけどしっくりこない。前回は、するっと出来たイメージだったんだけど何が違うんだろうか??
日が陰って風が抜けて寒いので撤収。

それでもまだ明るかったので枕で追い込み。
160326_14.jpg

昨シーズン、強烈にしんどかったスタートとクロスムーブがなぜか出来るようになっていた。
160326_15.jpg

そうするとこの振られをどうするかと言う問題にぶち当たる。
160326_16.jpg

まあ、気長にやりましょう。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/854-96d7d973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT