PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/5/14 瓢

GW終わって、いつもの週末。



行くところと言えば、あいかわらず瓢。
そして、新下流エリアから。
160514_01.jpg

御萩に決着をつけようと意気込んで5時入りしたものの下地の丸太が流されて2本...
160514_02.jpg

なんとか、マットは敷けそうだったが落ちたら...
土木工事をする気力はなく、自分の力量と相談して諦めて、移動。


すっかり緑が濃くなり、シーズンも終わりか。
160514_03.jpg


トリケラトプス
160514_04.jpg

いつか会えると思っていた、風待ちのO槻さんがいました。
快く、混ぜていただきました。

前回は離陸できず諦めていたけど、スタート方法が右手に足、左ヒールorトォらしかったので試しにきた。

右手に足ヒールからのセットが出来ず、左足からセットするがヒールはかかりそうでかからずトォで。
右手に足ヒールは手と同じホールドか隣のホールドかやるも触れてるだけでかかっている感が乏しい。

離陸は出来るが右手はなぜない。
風待ちO槻さんのトライ観察、アドバイスをもらいつつなんとか右手を出すところまではできたが、中継ホールドを取る前に落ちる感じ。
なんか、もう一工夫あればって感じだけど、決定打は出ず。

ならばと一気にリップを取ってみようかと思ったが、絶望的な距離...
諦めました。

風待ちO槻さんは、惜しいトライが何度かあったけど、ヨレてしまって断念。
とは言え、次回は行けそうな感じでした。

ここで風待ちO槻さんとお別れして上流方面へ。

迷想を登れたらもれなく付いてきそうな延長Verで3Qラインへとつなげる迷想ランジをトライ。
160514_05.jpg

迷想のムーブを思い出すのに少し苦戦するが、なんとか思いだしてリンク部のムーブを探る。

足がなくて、ムーブが思いつかず、何度も降りるを繰り返す。
結局、足送りができず、ムーブ解決できなかった。
後で知ったけど、足はそのままで左手を出すが正解だったらしい。
全く思いつかなかったというか、届きそうになかったんだけど...

お昼も過ぎて気温も上昇したので涼しいところで昼寝をと思い、朽木へ。
160514_08.jpg

向かう途中でなぜか紅葉している楓らしきもの。
160514_07.jpg

予想通り、風通しが良く日陰もあって涼しい。
コンディションは良さそうだったが、猛烈に眠くてまず昼寝。
寒さで一度目を覚ましたが、結局2時間近く寝た。

コンディションは引き続き良く、トライを開始するもさっぱり。
160514_09.jpg

昼寝で頭はスッキリしたけど、体は重い。
何度かトライすれば、戻ってくるかと思ったけど結局ダメダメで諦めて移動。

呼魂・バックドロップへ向かうとキクリン。

とりあえず、呼魂やりますかとマットを敷く。
160514_10.jpg

キクリンもトライ。一便目でサクサクと進んでこれは行けるんじゃないか??って思わせたがリップへの一手は出ず。

自分は、あいかわらず体が重い感じで前回感じた好感触は全く得られず。

キクリンは何度か行きそうな雰囲気を出したがリップへの一手は出なかった。
もう、フィジカルや技術の問題ではなく、気持ちの問題かな?

続いて、バックドロップ。
160514_11.jpg

あいかわらず、右ヒールか左ヒールか決めかねている状況だが、この日は離陸でいっぱいいっぱい。
一応、右ヒールからやってみるが、右手送れる感じなし。

キクリンがスズメバチ行くってことで応援&記念受験。

キクリンは、昨冬にリップを何度か叩くところまで行っていたが、しばらくぶりのトライトのこと。
ムーブのおさらいをしていたが、動きがかなり自動化されいて登れそうな雰囲気はある。何度かつなげトライをしていたが、左のホールディングがしっくりきていないようで完登はならず。
コンディションは悪くなかったが、トライ間隔をつめすぎたためか自分の体があったまってしまった様子。

自分もトライしてみたが、スタートからパワフルだし、距離も遠いし、自分向きではなさそう。

日が暮れたところでこの日は終了。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/867-996754fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT