PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/5/29 瓢

引き続き瓢。



昨日の状況からそんなに焦る必要はないかと思ったけど、明るくなるのが早いので目覚めも早く、7時過ぎにエリア入り。

まずは、ガルボの前にアップでフリードロックへ。
160529_01.jpg

課題名とグレードは良くわかっていなかったけど、左上するライン。
ホールドを見誤って一度落ちたけどサクッと登れた。

帰ってトポ見たら3Qだった。

ランジ一発のトラプターは到底出来そうになく。
と言うか、スタートホールド欠けたのか?
左のカンテ使って登る。これはどうやら7Q。

アップにしてはちょっと物足りない感じだったけど、ガルボへ移動。
160529_02.jpg

一手目ガストンじゃない方法があるらしかったので探ってみる。
が、右手だと出す先がない。左手だといきなりクロスだし。
唯一、これかと見つけたと言うか、後に足で使う薄いカチ。
これは、持てない。。。

と言うことで、ムーブは前回と変わらず。
ただ、足置きを省略したかったので変えてみたけど一手目の強度が上がるのとバランスが悪いので今まで通り。
なので練習あるのみ。2手目取りは、体の入れ方がポイントでここが強度高い。
3手目は、手を出せる足位置がなんとか見つけたけど止められる気配はなし。
160529_03.jpg

3手目取れたことろからも少しやったけど、特に得たものなし。
160529_04.jpg
動画見るとここからクロスなんだけど、出ないよなぁ。

こればっかりやってると指と体が終わるので適当なところで止める。

すっかり、夏みたいな天気だけど、空気はまだ涼しさが残っていたので朽木へ。
160529_05.jpg

日陰で風があって涼しい。しかし、核心の一手のポケットは少し湿気っていたので乾き待ち。

すると珍しくS田くん。用事で半日だけだったからとやってきたとのこと。
久々だったのでいろいろ話をしていい時間つぶしができた。

S田くんは、既に登っているから動画撮影でトライ。
核心の一手はコツがわかったら、あっさり。しかも右手のアンダーorポケット使わず...
参考になりませんなぁ~。

自分は、2トライ目でポケット止めたけど、かかりが甘くまたも登れず。
お昼を過ぎたところでS田くんが帰って行った。

ボチボチ、トライしますかとこの日の3トライ目。
ポケットにジャスト4本指が入って、完登。


初めて触った日に核心と言われているポケットを止めて、すんなり登れるだろうと思って2ヶ月。トライ日数にして11日目でようやく登れた。

核心と言われる部分は10回近く止めたけど、自分にとっての核心はその後の保持だったなと登れてからあらためて思う。

まあ、なんにしてもシーズンを越さなくて良かった。


一旦、上の駐車場にあがってマットの天日干しと昼飯。
160529_06.jpg

そして、軽く昼寝。
曇ってきて風が心地いいので、登れるなと早いけどエリアへ。

昼寝したんで宇宙1と2で再アップしてバックドロップへ。
O橋くんとT中さんがいてマットがあったから、呼魂を先にやってみる。
160529_07.jpg

左の縦スロットにヨセるとき、左のヒールに違和感あり。
ミウラWsのヒールがめくれた。前にイルカでめくれてたところを自己流で修理していたけど再発。
これではと、コブラでやってみるけどちょっと脱げそうで怖くて2トライで終わり。

バックドロップへ。
160529_08.jpg

とりあえず、おさらいから。
離陸があいかわらず、安定しない。
ちょっと、ヨレもあったかもしれないけどモジモジしてなかなか出れない。

そんなこんなしていたら、雨降ってきて撤収を余儀なくされる。
160529_09.jpg

今日こそは、ナイトまでと思っていたけどそんな日もあるか。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/872-d8f89e66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT