PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/7/31 御手洗

前日の瓢から大移動で御手洗へ。
160731_01.jpg
日中、暑くなる前にトライするってことでこの日も日の出とともにエリア入り。



まずは、入ってすぐのところで原チャのフレーム3Q
160731_02.jpg

課題確認で動画見てたからなんとなくわかっていたけど、サクッと登れた。


続いてハナモゲラ2Q
160731_03.jpg

スタートホールドは明確だったけど、足がわからず離陸不可。
よくよく見たらヒールがかかる足あった。やったら、トォもバチ効きで楽々でした。

問題は、3手目(or4手目)の左の遠いカチ取り。
ムーブを探る。左足は、ここだろうと言わんばかりに黒ずんでいるところがあったけど踏みにくい。
しっかりと探っていい位置におかないとダメみたい。右足の位置を試行錯誤してなんとか左手が出るようになって止めることが出来た。
160731_04.jpg
つなげてみたら、左足のセットと右足のセットをしている間にヨレるし、左手がヌメって抜ける。

これではつながらないと言うことで、ムーブの練り直し。
右足を一手目近くにヒールしてみたら状態が少し上がっているので左手出しが楽になった。
とは言っても足セットしている間に左手がヌメるのは変わらずなんでピンチホールドじゃなくて一つ下の三角ガバにしてみた。
足のセットは楽だし、ヌメっても持て感は良くなる。ただ、体が下がる分距離が出ないと届かない。パートでも結構な思い切りが必要なんで足セットして左手を一つ上げてカチ取りする1手多いムーブにしたら安定した。

ムーブ作るのにだいぶ時間を要したけど、つなげは1便で。


草餅方面に向かいながら歯車触ってみるかと移動したら、パタゴンやってるグループがいた。
160731_05.jpg
リップ取りで体あげるときに派手にすっぽ抜けるので一人だったらやる気ないんで誰かいたらやろうと思っていたのでご一緒させてもらう。

まあ、結局のところ進展はなく。
160731_06.jpg
ここで右手か左手が抜ける。

歯車は、既に日当たり良好な感じだったので草餅へ。
160731_07.jpg

こちらも左面はかなり日当たり良し。スタート付近は影響はない。
大移動と朝が早かったこともあって、昼寝しながらボチボチトライ。

初めて3手目が取れるかと思ったら、この後で右足切れた。
160731_08.jpg
右手の引きがたりないのか。

この後のパートも練習しながら、レストに昼寝を繰り返していたら、まさかの雨。
しかも結構なザザ降りで雨が直接当たらない面も草餅はみるみるうちに濡れてしまった。
160731_09.jpg

30分もしたら雨はあがったので、濡れた荷物を天日干ししながら、岩の乾きを待つ。
160731_10.jpg

けど、草餅は日陰で乾かない感じなんで歯車へ。
160731_11.jpg
たいして濡れなかったのと日当たりがいいため、問題なくトライできる。

が、日当たりが良すぎるので厳しい。左手がヌメるので右手出しが怖くてできなかった。
160731_12.jpg

戻りながら、ゴジュジュ
160731_13.jpg
朝、パタゴンで一緒になったグループの方と再びご一緒させていただく。

ゴジュジュ、足の悪さに早々に萎えるとなんちゃって京大生と言う3Qあるってことでトライ。

上部は、この手の岩特有のホールドがわかりにくくて焦るパターンだったけど、なんとかガバ発見して登れた。


再び、ゴジュジュ。
一緒にやっていた人は左足のみでサイファーっぽく出ていたのをとりあえず、真似てみたけど自分のムーブじゃない感じ。

足位置を探ってみる。左足はいい感じの踏めるところを発見して右足と両方で踏み切るのが一番いい感じってのを発見して終了。
160731_14.jpg

戻りながら何か触るかと思ったけど、もう体力残っていなかったので早いけど撤収することにした。

車に戻って荷物を積んだら再び大雨。
160731_15.jpg
運が良かった。


雨を嫌って瓢から移動してきたけどまさかの雨に降られてしまったけど、雨があがれば乾きのいい岩場なんで継続して登れたのは良かった。
ただ、草餅は消化不良でしたがね。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/883-b16f9d24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT