PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/9/4 瓢

前日に引き続いて、瓢へ。



予報は夕方までもつと言うことだけど山はふり出しが早いかなとこの日も日の出とともに行動開始。

昨晩、羽蟻による敗退でたいして出来なかった枕から。
160904_01.jpg

風が止まっていて、蒸し暑いし、久々の瓢で指皮がピリピリ。

風は、ある時間がくれば動き出すだろうし、指もやってれば麻痺してくると言うことでちょっとづつ。
予定通り、風が動き出してきたけど指はなかなかなじまず。
160904_02.jpg
ピリピリよりも指の腹に突き刺さる感じが耐えきれない。

気付けば気持ちよくなって、昼寝。朝早いのが仇となる。
ボチボチとトライをしたものの、前回バラせた1QVerも全く出来ず。

曇りベースでまずまずの時間まで粘ってみたけどダメでした。


ここに来たついでだから、呼魂とバックドロップへ。
160904_03.jpg

呼魂は、あいかわらず右足をあげようとするとヒールが切れる。
ここで切れるんだったら先にきってそれから右足上げたらどうなんだ?
160904_04.jpg
と思ってトライした時は既に遅く、ヨレて足切った瞬間はがされた。
次回覚えていたら試してみよう。きっと忘れてると思うけど。

続いて、バックドロップ。
160904_05.jpg

やっぱり離陸がキツイ。モジモジしてるとすぐに手がヌメるから余計にキツイ。
一手目取ったところからやってみたけど、これも全く出来なくなってた。
160904_06.jpg


さて、三角岩にでも移動するかと思ったが、少し雲行きが怪しい。
雨雲レーダーを見ると近くまで来ている。遠くだが、雷鳴も聞こえる。

上の駐車場まで行って、お昼を食べがてら様子見をしていたら、雷鳴が近くなり雨が降り出した。
160904_07.jpg

それなりに諦められるくらい降ってきたので、早いけど撤収。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/890-0ac744a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT