PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/12/10 豊田

気持ちは瓢だったが、体は豊田へ。
昨夕の雨情報もあり、朝までの気象データを確認すると状況が思わしくないなかったので。



ところが、豊田付近も道路が濡れていた。
どうやら、数値には表れない程度の雨が降ったみたいで失敗したか?と思ったけどここまで来たんで岩場までは行ってみる。

向かったのは百閒で雨量がたいしたことなかったようで登るには問題なかった。

とりあえず、前回登れなかったおれヒザをトライするため山頂まで。

山頂付近の課題でアップ。

トラバースして、それぽいマントル返す課題 エイ

これとこれ正面直上でアップにちょうどいい感じ。

2月に岡山のN村夫妻と四苦八苦して登った課題 きゅう

ムーブ覚えてなかったけど、この日は3便とあっさり登れてしまった。


そして、おれヒザ。
161210_01.jpg

今回、離陸で左足を高い位置に一気にあげることに成功して一手省略。
161210_02.jpg

本気トライ3便目でいい体勢まで行ったから、終わったなと思ったら、こっからだった。
161210_03.jpg
左足の置き場迷子で落ちた。


そして、気付いたら血まみれ。。。
爪との境目がやられた。
161210_04.jpg
この課題に関してはほぼ影響なしなのでトライ続行。

しかし、高度は変わらず。
要領がわかるとたいしてヨレないから結構撃てるんだけど、次第に風が強くなって寒い。
薄手の化繊ダウンだったので寒さに耐えれず。時間もまあまあになってきたので山を下ってマッドドック。
161210_05.jpg

おれヒザでやられた指の血は止まらず、2手目のカチがヌメる。
テーピングを変えたら行けたので何度かトライ。

ワイドピンチから右に回り込むところができない。
161210_06.jpg
ここが、核心。怖さもあるけど、右足と右手の押しが足りないからカナ。

とりあえず、今日のところはここまでできたので気長に取り組むことにして移動。


神越へ。

既に1台車が止まっていたから誰かいるのだろうとは思ったけど、状態を見るため空荷で様子を見に行く。

自分が来た中では最高の状態。
なんとなくだけど、神越の状態を見極めるヒントを得たので、次回検証してみたい。

マットを取りに戻って、神楽。
161210_07.jpg

前半ムーブは、まあおまけみたいなもんなのでさらりとおさらいして、リップ出しの練習。

負傷してしまった右中指の血があいかわらず止まってなくて、握ると余計に血が出てヌメる。

痛みがないのでなんとか誤魔化しながら続ける。
スタンダードな右足をあげるムーブは、あがっても体が壁から離れちゃうんで手を出しても全然届かない。

ほか、いろいろやってみるけど決定打が出ない。


日没までわずかだったけど時間あったのでZENをやってみる。
161210_08.jpg

スタートがガバになってやさしくなったと言うけど、全くできない。

先に来てサギを登られた方にいろいろ教わったけど、右手を離すのが精いっぱいだった。
仮に一手目取れたとして、やってみたけどできる気がしなかった。

背中側にある岩の影響で怖さもあるけど、それにしてもって感じ。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/909-a20ead31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT