PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016/12/17 豊田

瓢の気持ちもありつつ、雪降るかもなんて予報だったから、豊田へ。
別の岩場のシーズン期間を考えたらそろそろ、切り替えて行きたいなって思ってたし、さすがにやりたい課題(登れそうな課題)1本のためモチベーションが下がりつつあるしね。



この日は、きくりんと一緒に登る。

まずは、自分のリクエストで百閒の宿題のおれヒザ。
161217_01.jpg

ムーブを研究(カンニング)してきたので実践してみる。
なぜかタイミングで右足が抜ける。
161217_02.jpg
踏め感はいいのだが、体を倒して乗って行くと抜けるみたい。

きくりんは、初手取りの足でそのままあげてたけど乗り込めない様子で氷雨へ転戦。
161217_03.jpg
※写真は、一手目に足だけど、こっから手に足してた。

登ってるけど、ムーブさっぱり覚えてない。
リップは確実に2ヶ所いいとこあるよってだけアドバイス。

自分は、いいとこまで惜しいところまで行ってる気がするんだけど、右足が抜けて落ちるを繰り返して諦めモード。

そろそろ、移動しますかってところでキクリンが氷雨のムーブをバラしたのでつなげトライ。
見事に一便で完登。

自分もラストトライ。
右足は、乗ると言うよりも押しこむことを相当意識して左足の起き位置を探る。
見えてないんで感触いいところで右を手に足して乗り込む。
ちょっとズリズリってなったけど、ヒザを使ってトップアウト。

右手に足になったところからは落ちれない緊張感があって、登りきったら解放されて叫んでる。

下ってマッドドック。
161217_04.jpg
今日どうこうってわけじゃないんで練習。

マットを敷いて、お昼御飯。
グダグダして、一向にトライする気配なしのところにマッドドック完登者のスンちゃん合流。
4日間のプチ岩バム中で先日まで瓢にいて、今日はレストとのこと。

レストをちゃんとできることも感心だけど、岩の目の前で来て触らないハートの強さに更に関心。


ボチボチトライしますかとやってみる。
二人ともワイドピンチまでは、こなすけど、そこからですよね。
161217_05.jpg

完登者のスン様に教えを請うてみるも覚えてないと。まあそうでしょうね。
自分だって、登ったのほとんど覚えてないし。

安定して出来ないことを確認して、移動する。


次はきくりんのリクエストで大田はりんごへ。
161217_06.jpg

既にトライしている人がいたのでまぜてもらう。
某有名クライマーでしたが、快く入れてもらいました。

きくりん、先週のトライでマントル返したけど下部が出来なくなってたとのことだったけど、一便目でサクッとマントル体勢へ。

これは行ったでしょとその場にいた誰もが思ったけど、無理だって降りてきた。
そんなに簡単じゃないのね。

でもまあ、行けるでしょって思ったらまさかの下部できなくなる現象。
161217_07.jpg
あるあるですね。


自分も2年ぶりくらいに取らしてみた。
下部は、なんかまあなんとなく出来て、やっぱマントルは出来る気しないな。

しかし、この岩のガビガビ感は、久々。

きくりんは、下部のムーブ構築をして、なんとかコツをつかんだ様子で日没ギリギリでつなげてみたけどヨレて完登はならず。

きくりんの職場上司のおすすめ卯龍(うりゅう)で塩天津飯を食べてこの日は終了。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2016 岩登 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/911-51f06da5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT