PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017/4/16 宮川

気温高め予報だったのと前日の雨の影響を考慮して、瓢から宮川へ大移動。



こちらも前日、雨が降ったようで道中の路面は結構、濡れてたしガスってた。
170416_01.jpg

まずは、つなげるだけの地層へ。
170416_02.jpg
結露もなく状態はいい。

日が出て気温が上がるまでの勝負。
後半パートでアップして、核心ムーブのおさらいし、レストしてつなげる。

核心のガバ取りで足が切れるが、昨日、それほど登っていないこともあって体の状態も悪くないので行けるイメージできた。
2便目も核心で足切れたけど、前のトライよりさらに好感触。
そして、3便目で核心の一手を止めてそのまま完登。

まずまず、前半をスムーズにこなせて途中でレストができたのでヨレはそれほどではなかったが、ヌメリとの戦いだった。

ぼちぼち、気温が上がり始めるところだったけど、あめごへ。
170416_03.jpg

こっちは、若干結露気味で状態悪く、この左手が持てない。
170416_04.jpg

撃つだけ無駄かなと思い、夕方出直すことに。
さて、それまでなにをやろうかとトポをパラパラ。
日陰が確保できそうな課題となるとなかなかない。
ちょっと気になっていたオレンジペコへ様子を見に行ってみた。
登る面は日陰で良かったのだが、高い。
日陰とは言っても気温が上がり始めているので上部でヌメったらと考えるとちょっと無理だなと諦める。

と言うことで鹿の屍岩に戻って、鹿ばねをトライすることに。
170416_05.jpg

さすがにヌメリがあってムーブをバラすのも一苦労。
ホールドは何となくわかったけど、ガチャガチャしたホールドでホールディングを探るのにもまた一苦労。
170416_06.jpg
なんとか、ムーブがバラせたのでつなげるもヌメリで上部パートにたどり着かず。

少し、気温が落ち着くまで昼寝して再トライするもヨレてたみたいで結局登れず。

そんな状態だけど、最後にあめご。
170416_07.jpg

気温はだいぶ落ちて、岩も乾いていたけど、鹿ばねのやりすぎで指皮なく、結局ヌメルという結果。
170416_08.jpg
まだまだ、先は長そうです。
関連記事

| 岩登りの記録 | 2017 岩登 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ani83.blog13.fc2.com/tb.php/941-7b9e5887

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT